初心者のカヌー・カヤックの選び方



販売しているモデルの紹介

 

Oru Kayak BayST Folding Portable Lightweight Kayak - High Performance for Fishing Sailboats and Backcountry Trips [並行輸入品]

 

 

大手アウトドアショップである「mont-bell」のカタログから、初心者向けの代表モデルを紹介してみましょう。

 

 

まずは「フォールディング・カヤック」の「ベイ」です。価格:¥158,000+税。ブランド「ORU KAYAK・オルカヤック」です。このモデルは日本の「おりがみ」をヒントに生み出されたという、全く新タイプのフォールディング・カヤックです。収納場所を選ばないコンパクト性で日本の環境にも適しています。

 

 

本体の安定性も高くて初心者にも扱いやすいタイプです。船体長も3.7mあり、高速操行が可能で、カヤック経験者でも満足できます。

 

 

その他の特長として、快適なフォームシート&調整可能なバックレスト、簡単に閉じれる防水シーム、予備ギアを固定するラバーデッキストラップも2本付属、簡単に調節可能なフットレスト、乗り込みが容易な強化コックピット、2枚バルクヘッド(隔壁)で高い剛性、となっています。

 

 

総重量:12kg、サイズ:全長370cm、最大幅63cm、コックピットサイズ76×41cm。最大積載量:136kg。セットアップ時間:約5分。収納サイズ:81cm×33cm×71cm。

 

 

「シット・イン・カヤック」では「ザイディゴ9.0」、価格:¥73,000+税、ブランド「Dagger・ダガー」があります。湖、川のトロ場など静水域で安定性を発揮し、コントロールの良さも特徴。流れのある川や、穏やかな海の沿岸部分ではスプレースカートの装着をすることで快適に楽しむことができる入門者向けモデルとなっています。

 

 

総重量:17kg。サイズ:全長276cm、幅72cm、高さ36cm。コックピットサイズ:98cm×55cm。最大積載量:100kg。材質:リニアポリエチレン、です。

 

 

「レクリエーショナル・カヤック」では「プロディジーXS」があります。価格:¥59,000+税、ブランドは「Perception・パーセプション」。

 

 

初めてカヤックに乗る子ども、小柄な女性に最適なカヤックで、艇本体の重量は子どもでも扱いやすい重さになっています。

 

 

総重量:12kg。サイズ:全長305cm、幅58cm、高さ26cm。コックピットサイズ:71cm×46cm。最大積載量:68kg。材質:リニアポリエチレン。

 

 

ここでは3モデル紹介しましたが、実際にはこれに、パドル、PFD(ライフジャケット)、ウェア、ヘルメット、シューズなど必要です。初心者の場合は信頼できるショップで相談した方がいいでしょう。また、ショップでは試乗を行っているところもあるので、買う前に是非試した方がいいでしょう。